PORCUPINE
子供の成長やらどっぷり浸かってる針仕事やらを綴った「何をやっても3歩で忘れる主婦」の備忘録てき日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | *
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をおもしろいと思って下さった方!励みの1clickお願いします~
紅茶のケーキ
2006年02月27日 (Mon) | *
最近よく作るパウンドケーキ。
パウンドケーキっていつも納得いくのを作れたことがなかったんですが、レシピがいいのか失敗なく美味しく作れるようになりました。
プレーンもいいけど紅茶がお気に入りです。
茶葉が入ったケーキは食べないコタローも、これは気にせずパクパク食べていい感じです。
ところで、アバウトで手際が悪いわたくしはお菓子なんて作ってると「あーもう!ええかげんにしろっちゅーねん!」とか自分に腹がたってよく独り言をいったりします。楽しく作業してるつもりなんですけどもともと独り言が多いんで(一人っ子だからかなー)ついぶつぶつ言ってしまう。テレビを見ていたコタローがそのぶつぶつを聞きつけて「えーかげんにせぇってこたのこと?」と泣き顔でやってきました…
これはいけません。ごめんねコタロー、楽しいおやつが台無しだよね。
知らず知らずに出てしまう独り言~気をつけようと思いました…
スポンサーサイト
この記事をおもしろいと思って下さった方!励みの1clickお願いします~
美容院やっとクリア~
2006年02月16日 (Thu) | *
お久しぶりです~(あー毎回この挨拶ではじまっとる…)
トリノオリンピックで毎日寝不足でございます。
ちょこっと前の話ですが、コタローを美容室に連れて行きました。
去年美容院で散髪途中に泣き出して以来、ずっと家で切ってたんだけどうまくいかず、前々から限界を感じてたわたくし。
男の子の頭ってむずかしい。(まぁ、自分の前髪さえちゃんと切れないんだけど)
テレビで紹介されてた有名なキッズサロンに連れて行こうかとも思ったんですが、思い立ったら即行動したい性格なんで、予約制の所はパスってことで口コミ情報“子供オーケーの美容室”を調べて近いところへ行ってみました。
行ってみると…美容室?というより床屋さんといった感じ。家族でやってる小さなお店でした。
大丈夫かなと思いつつお店に入ると、小さな男の子が時間に合わせて待っててくれました。
行く前からベソかいてたコタローですが、自分より小さな男の子が励ましてくれたのでやる気になったようです。(ありがたいことに散髪が終わるまで一緒にいてくれた!)
男の子のお父さん(おじいちゃんもお母さんもいてとっても親切♪)がカットしてくれたんですが、鏡の横にあるテレビでずっとマジレンジャーを見せてもらって1時間以上かけて丁寧に散髪してくれました。
あんな散髪嫌いのコタローが「またいきたい」といったのでしたー!
これは大成功!!
つんつるてんに刈りあがって、自分で頭を洗えるようにもなりました。
親切にしてくれた床屋さん一家に感謝です~
←ちょっとのびたけど、前から見るとキャイーンのウドちゃんのよなカット…
この記事をおもしろいと思って下さった方!励みの1clickお願いします~
ひとりでも大丈夫!
2006年01月21日 (Sat) | *
久しぶりの更新…最近さぼってるなぁー
遊びにきてくれるみなさん、すみませんです。

ところで今週は「コタロー初めての一人で幼稚園体験!」でした。
年末から「1月から一人で幼稚園行くねんで~」とプレッシャーかかりまくりのコタロー。
わたくしの不安を察してか「ひとりでいくもん!」と毎日涙ぐましいほどでしたが…
当日は緊張で朝の挨拶は声がひっくりかえってるし、泣いちゃってる子を(見なきゃいいのに~)じぃーと見てるうちに悲しくなってきたのか…
やっぱりバスでは泣き顔でした~

バスの窓越しに見たコタローはもうダメ~って感じだったので、家に帰ってからも家事も手に付かず、なんとなく落ち着かないわたくし。
後で聞くと他のママさん達もそんな感じだったみたいだけど。

最初から最後まで泣きっぱなしやったらどうしよう~と思って迎えに行くと、なんと全員いつもより楽しそうに元気にバスから降りてきました。
バスで少し泣いたくらいで、幼稚園に着いてからはぜーんぜん大丈夫だったみたい。
あーよかった、心配させやがって…
きっとこんなもんなんでしょうね。子供って。
靴の履き替えとかトイレとかもちゃんとできたみたいだし、これは心配ないね。
とにかくコタローよくがんばりました!!
この記事をおもしろいと思って下さった方!励みの1clickお願いします~

copyright © PORCUPINE allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。